結婚した夫婦の話題

 
2013年10月10日 更新
写真

子育てで大事にしていること

怒らない育児なんて無理、一番目が生まれた時にそう感じました。

生まれた直後は授乳→寝るの繰り返し生活なので、
普段どおりの生活が出来ます。

段々子供達が成長するにつれて、行動がどんどん広がり、
いたずらをするようになるんです。

そこで私はいつも「ダメ!」「これもダメ!あれもダメ!」と怒っていました。

生まれて何年も経っていない子供達、見るものすべてが新しく、
そして手にするもの全てに興味があります。

せっかく畳んだ洗濯物もバラバラにしたり、
引き出しから物を全て出したり・・・。

何が悪くてどれが正しいのかなんて分からなくて当然って、
ある時思ったんです。

常にきれいな部屋を保つのも良いのですが、
おもちゃなどで散らかった部屋もいい!

それから私は考えを変えて、子供達が起きている時は
可能な限り自由にさせようって思ったんです。

子供のやることを制限してしまうと、好奇心のない子供に
育ってしまうと聞いたことがあります。

本当かどうかわかりませんが、何も無関心な子供に育たせないためにも、
起きている間はやりたい放題にさせているんです。

でも全く怒らないわけではありません!

もちろんダメな時はダメって叱ります。

その時は頭ごなしに「ダメ」ではなく、
きちんと理由をつけて怒るようにしています。

まだ理解できない時期でも、どうしてダメなのか、
これを伝えることでどんどん子供達も分かるようになってくるんです。

そしてもう一つ気をつけていることが、
下の子だけを可愛がらないことです。

どちらか片方だけに親の愛情を注いでしまうと、
もう片方の子供は「どうせ・・・」なんて考えが生まれてしまうんですって。

そして親の見ていない時に、上の子は下の子に悪さをしたりするんです。

下の子が生まれた時は、出来るだけ上の子にかまってあげるようにしました。

生まれた子供の世話で忙しく、上の子は見放された気分になるらしく、
寂しい思いをしてしまいます。

そんな思いをさせないためにも、旦那に下の子の世話を頼み、
私は出来る限り上の子に愛情を注ぐ。

夫婦二人で子育てをするように、
私達はしています。

Copyright © 2013 結婚した夫婦の話題 All Rights Reserved.